お知らせ

2018年06月25日
7月新刊のご案内

「AIは役に立たない」とは言わせない!

これから社内でデータ分析・AIのプロジェクト(部署)を立ち上げたい、あるいは
外注したいという方に向け、「プロジェクトはどのように進んでいくか」
「リスクやつまずきポイントは何か」を、プロジェクト立ち上げ・PoC
(概念実証)・ビジネス適用の各フェーズに分けて解説します。

株式会社ブレインパッド(著)

失敗しない データ分析・AIのビジネス導入―プロジェクト進行から組織づくりまで―

 

ネットワークのおかげで、世界は回る

現代社会を支えるネットワークのしくみについて、歴史上のエピソード、
直感的理解を助けるシンプルな数理モデル、アナロジーとイラストを豊富に
交えて解説した、これまでにない入門書です。

クリストファー・G・ブリントン(著)   プリンストン大学 ムン・チャン(著)
東京大学 臼井翔平(訳)   早稲田大学 鬼頭朋見(訳) 他5名共訳
東京大学 鳥海不二夫(解説)

パワー・オブ・ネットワーク―人々をつなぎ社会を動かす6つの原則―

 

サンプルスクリプトですぐ試せる

階調変換、空間フィルタといった画像処理の基本的な手法を網羅し、
テンプレートマッチング、文字認識など、画像認識の本格的な実践例を
紹介しています。すぐに試せるサンプルスクリプトが満載で、まずは
実行してみて、処理結果を確認しながら学ぶことができます。

広島工業大学 梅村祥之(著)

Rによる画像処理と画像認識―動かしながらしくみを理解する―

 

いちばんやさしい解説書!

「数理論理学って記号だらけで難しそう…」そんなイメージをもっていませんか?
そんな方には本書がぴったりです。徹底的に平易な解説で、論理記号の
読み書きから自然演繹の入り口まで、読者をやさしくナビゲートします。

三重大学 山田俊行(著)

はじめての数理論理学―証明を作りながら学ぶ記号論理の考え方―

 

世界的名著の邦訳

生態系レベルの大きな空間スケールで、生物と環境の間のエネルギー・
物質循環や、生物間相互作用を詳しく解説します。細分化されていた諸分野の
知識が一冊にまとめられた必携書です。

アラスカ大学フェアバンクス校名誉教授 F. Stuart Chapin III(著)
スタンフォード大学 Pamela A. Matson(著)
スタンフォード大学 Peter M. Vitousek(著)   北海道大学 加藤知道(監訳)

生態系生態学(第2版)

 

新刊案内バックナンバー
06月新刊のご案内 |05月新刊のご案内 |04月新刊のご案内 |03月新刊のご案内 |02月新刊のご案内 |
01月新刊のご案内 |12月新刊のご案内 |11月新刊のご案内 |10月新刊のご案内 |09月新刊のご案内 |

続きを読む...

2018年06月01日
2020年度新卒採用のお知らせ

2020年度新卒採用情報を更新いたしました。
詳細はこちらをご覧ください。

 

----------

総務・経理部 採用担当

続きを読む...