ソフトウェア自動チューニング 科学技術計算のためのコード最適化技術

紙版 電子版

理化学研究所チームリーダー Ph.D. 今村俊幸 (共著)

東京女子大学教授 博(情報科学) 荻田武史 (共著)

芝浦工業大学教授 博(工) 尾崎克久 (共著)

名古屋大学教授 博(理) 片桐孝洋 (共著)

東京大学教授 博(理) 須田礼仁 (共著)

筑波大学教授 博(理) 高橋大介 (共著)

東北大学教授 博(情報科学) 滝沢寛之 (共著)

東京大学教授 博(工) 中島研吾 (共著)

定価 ¥ 5,720
ページ320
判型
ISBN978-4-627-87221-9
発行年月2021.09
  • クレジットカード決済 カード決済
  • 銀行振込 銀行振込
  • コンビニ決済 コンビニ決済
  • 代金引換 代金引換
内容
目次
ダウンロード
正誤表
「自前の並列計算機(PCクラスタ)で回していた計算が、スパコンにうまく移植できない」
「スパコンAのために書いたプログラムをスパコンBで動かしてみたが、思ったほどパフォーマンスがよくない」

科学技術計算のプログラミングにおいて、このような問題に直面した技術者・研究者の方は多いのではないでしょうか。

高性能計算プログラミングの達人たちの「職人芸」で切り抜けられてきたこれらの問題を、ツールによる自動化で対処しようとするのが「ソフトウェア自動チューニング」とよばれる技術です。

本書では、ソフトウェア自動チューニングの各ツールの原理や使い方、さらには将来展望までを、開発者らが詳細に解説。科学技術計算のこれからを支える技術を総合的に理解し、利用できるようになります。
第1章 ソフトウェア自動チューニングとは
第2章 自動チューニングツール
第3章 自動チューニング機能付き数値計算ライブラリ
第4章 数値計算ライブラリと自動チューニング機能の展望
第5章 これからの数値計算:計算結果の保証
第6章 ポストムーア時代における自動チューニング

ダウンロードコンテンツはありません

現在把握している訂正情報はありません

書籍検索

978 - 4 - 627 -   - x (5桁の数字を入力)
  年       月