コンピュータサイエンスにおける様相論理

紙版 電子版

東京工業大学准教授 博(理) 鹿島亮 (著)

定価 ¥ 3,520
ページ176
判型A5
ISBN978-4-627-85641-7
発行年月2022.01
  • クレジットカード決済 カード決済
  • 銀行振込 銀行振込
  • コンビニ決済 コンビニ決済
  • 代金引換 代金引換
内容
目次
ダウンロード
正誤表
基本となる様相論理Kから始め,コンピュータサイエンス(計算機科学)において重要である,CTL(計算木論理),様相ミュー計算,PDL(命題動的論理)について,その数学的な基礎をわかりやすく,かつ厳密に説明する.
また,様相論理ではないもののPDLとの関係が深く,プログラム検証を行う際に活躍するホーア論理についても詳しく解説する.
各論理については,定義や基本的な定理はもちろん,証明が難解で省略されがちな「証明体系の完全性」「計算可能性」「様相ミュー計算のゲーム意味論の妥当性」の証明も掲載しており,本書一冊で基礎を徹底的に学ぶことができる.
第1章 準備:命題論理
第2章 K
第3章 CTL(計算木論理)
第4章 様相ミュー計算
第5章 PDL(命題動的論理)
第6章 ホーア論理

ダウンロードコンテンツはありません

現在把握している訂正情報はありません

書籍検索

978 - 4 - 627 -   - x (5桁の数字を入力)
  年       月