Autowareではじめる自律移動技術入門

紙版 電子版

名城大学准教授 博(情報学) 田崎 豪 (著)

定価 ¥ 3,960
ページ224
判型B5変形
ISBN978-4-627-67651-0
発行年月2021.06
  • クレジットカード決済 カード決済
  • 銀行振込 銀行振込
  • コンビニ決済 コンビニ決済
  • 代金引換 代金引換
内容
目次
ダウンロード
正誤表
●人気のオープンソースソフトウェア「Autoware」で実践!
移動ロボットを開発するためには、ハードに関する知識はもちろん、自己位置推定、障害物検出、経路生成、経路追従といった自律移動技術に関する知識が欠かせません。本書は、これらの技術の原理から実装までを、自動運転用オープンソースソフトウェア「Autoware」を使って最短で習得する実践的入門書です。

●本書の特長
・基礎理論については、一般論よりも具体的な計算や定性的な理解に重点を置いて解説。
・ROSについては、Autowareを動かすうえで知っておくべき内容に精選してゼロから解説。
・シミュレーション環境だけでなく、実ロボットへの適用例も紹介。

これからロボットプログラミングを始める方はもちろん、ROSですでにロボット開発を行っている研究者・エンジニア、ロボット系の研究室の学生にもお勧めの一冊です。

●Autoware開発者・加藤真平氏(東京大学准教授)推薦!
「Autowareは自動運転車だけではなく、移動ロボットにも使えるが、これまで移動ロボット応用に焦点をあてて解説していた書籍はなかった。Autowareを使用して移動ロボットを動かしたい場合には、ぜひ読んでもらいたい。」
Chapter1 移動ロボットのハードウェアとソフトウェアの構成

PartⅠ Autowareの動作原理
Chapter2 原理を理解するために必要な数学
Chapter3 3次元地図作成と自己位置推定
Chapter4 障害物検出
Chapter5 経路生成
Chapter6 経路追従

PartⅡ Autowareの実装プラットフォームROS
Chapter7 ROSの基本
Chapter8 ROSによるロボット開発
Chapter9 ROSツール

PartⅢ Autowareによる実装
Chapter10 Dockerの紹介とAutowareのインストール
Chapter11 Autowareによる自律移動の実施
Chapter12 Autowareによる移動ロボットの開発
Chapter13 実ロボットへの応用

ダウンロードコンテンツはありません

現在把握している訂正情報はありません

書籍検索

978 - 4 - 627 -   - x (5桁の数字を入力)
  年       月