構造力学[第2版・新装版]上 静定編

紙版 電子版

熊本大学名誉教授 工博 﨑元 達郎 (著)

定価 ¥ 2,640
ページ208
判型
ISBN978-4-627-42513-2
発行年月2021.11
  • クレジットカード決済 カード決済
  • 銀行振込 銀行振込
  • コンビニ決済 コンビニ決済
  • 代金引換 代金引換
内容
目次
ダウンロード
正誤表
多くの大学・高専で長年使われてきた実績ある教科書のフルカラー新装版!

構造力学の基本となる静定構造をしっかりと学べる1冊です。
力学の復習からはじまり、断面力・たわみ・影響線・座屈等までステップアップしながらやさしく解説します。
力のはたらき方がイメージできるようなイラストや、解説付きの例題が理解を助けます。

新装版ではレイアウトを刷新するとともに、図中の作用力や断面力を色分けすることで、よりわかりやすくなりました。

※『構造力学[第2版・新装版]下』があります。不静定構造まできちんと勉強したい方は、そちらもご覧ください。
また、本書の姉妹書として、不静定構造の初歩を追記した『基本を学ぶ構造力学[新装版]』がございます。学習したい内容に合わせてお選びください。
第1章 構造力学って何ですか?
第2章 静力学から構造力学へ
第3章 構造物をつくるために必要なこと
第4章 構造物の内部にはたらく力を求めて図化する
第5章 鉄橋にはたらく力を求める
第6章 構造材料の力学的性質を知ろう
第7章 はりの内部にはたらく力の状態を知ろう
第8章 はりがたわみすぎると恐い
第9章 影響線って何ですか?
第10章 圧縮部材にご用心!
付 録 もっと立ち入った応力の話 

ダウンロードコンテンツはありません

現在把握している訂正情報はありません

書籍検索

978 - 4 - 627 -   - x (5桁の数字を入力)
  年       月