X線・中性子の散乱理論入門

紙版

University of Oxford, St John’s College Devinder S. Sivia (原著)

千葉工業大学客員研究員 理学博士 竹中 章郎 (共訳)

(財)総合科学研究機構東海事業センター長 理学博士 藤井 保彦 (共訳)

定価 ¥ 3,960
ページ224
判型
ISBN978-4-627-15471-1
発行年月2014.04
  • クレジットカード決済 カード決済
  • 銀行振込 銀行振込
  • コンビニ決済 コンビニ決済
  • 代金引換 代金引換
内容
目次
ダウンロード
正誤表
~理論への門戸を大きく開く入門書~

近年の実験施設の充実に伴って,物理学・化学・材料科学・生物学など幅広い研究分野で使われるようになった「散乱実験」.数学・物理学を専門としない利用者にとっては,散乱現象やその解析手法はブラックボックスになってしまうことも多い.本書では,散乱理論を多様な読者が学べるようとことん平易に解説.散乱実験に携わる学生・研究者のニーズに応えるテキストとなっている.

《本書の特長》
・物理学・数学の知識を前提とせず,フーリエ変換や複素数なども一から説明
・結晶性物質だけでなく,液体やアモルファスからの散乱についても章を設けて解説
・線源や対象ごとに異なる散乱機構を,できるだけシンプルに理解できるよう統一的に説明

――日本の第一人者らによる翻訳.
Ⅰ 基礎的な知識
1. 原子・分子レベルの物質研究
2. 波,複素数,フーリエ変換

II 弾性散乱
3. X線と中性子散乱の基礎
4. 表面,界面と反射率
5. 小角散乱と巨視像
6. 液体と非晶質
7. 周期性,対称性と結晶学

III 非弾性散乱
8. エネルギー交換とダイナミクス
9. 非弾性散乱の例

付録A. 離散的フーリエ変換
付録B. 共鳴散乱と吸収

ダウンロードコンテンツはありません

書籍検索

978 - 4 - 627 -   - x (5桁の数字を入力)
  年       月