書籍情報

防災工学(第2版)

(元)東洋大教授 太平洋航業顧問・中野土建顧問工博石井 一郎(著) 長岡技術科学大名誉教授工博丸山 暉彦(著) 岩手県立大学名誉教授工博元田良孝(著) 大分高専名誉教授博(工)亀野辰三(著) 一級建築士若海 宗承(著)

  • ¥2,750
  • 212ページ
  • 978-4-627-45172-8
  • 2005.09

書籍のカテゴリー

  • 土木工学

    耐震・防災

ダウンロード

防災に関するさまざまな知識をまとめた防災工学の概論書!!

防災への関心が高まる昨今,「防災工学」の重要性が増しています.
防災工学には,わが国で多く生じる地震や津波などの災害の原因である各種の自然現象の発生機構だけでなく,防災都市計画や災害対策などの大局的な視点,反対に建築物ごとの耐震構造やリフォームなどの局所的な視点など,さまざまな知識や考え方が必要です.
本書は,それらの防災に関する幅広い知識をまとめた一冊です.

総論
地震
火山噴火
津波
気象災害(風水害)
防災地質
都市火災
環境災害
防災都市計画
災害対策(救援救護対策)
社会基盤と生活関連施設
建築物
破綻

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>