書籍情報

レオロジーの世界

基本概念から特性・構造・観測法まで

京都大名誉教授工博尾崎 邦宏(著)

  • ¥3,520
  • 224ページ
  • A5
  • 978-4-627-24161-9
  • 2011.03

書籍のカテゴリー

  • 機械工学

    流体工学

ダウンロード

レオロジーは,物質または物体の変形と流動を取り扱う科学で,材料工学との関連も深い学問分野である.本書では,まずレオロジーの基礎について述べたあと,代表的な物質(高分子,コロイド溶液,エマルション,液晶,ゲルなど)の特性と観測法について,わかりやすく説明したレオロジーの格好の入門書.やさしい実験や身近な話題も紹介した.

第1章 レオロジーと世界
第2章 レオロジーの基本的な概念(1)―変形・応力および弾性
第3章 レオロジーの基本的な概念(2)―流動および粘性
第4章 レオロジーの基本的な概念(3)―粘弾性
第5章 高分子レオロジー
第6章 固体粒子分散系のレオロジー
第7章 分散物が変形する分散系
第8章 ゲルのレオロジー
第9章 やさしい観察と実験

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>