書籍情報

よくわかる建築構造力学II

芝浦工業大学教授博(工)土方勝一郎(共著) 芝浦工業大学教授博(工)隈澤文俊(共著) 芝浦工業大学教授博(工)椛山健二(共著) 芝浦工業大学教授博(工)岸田慎司(共著) 芝浦工業大学准教授博(工)小澤雄樹(共著)

  • 208ページ

書籍のカテゴリー

  • 建築学

    構造力学

ダウンロード

基礎の基礎からていねいに説明した入門テキスト.Ⅰ巻では静定構造,Ⅱ巻では不静定構造を主に扱います.

Ⅱ巻の特長
1)応力や変形を把握することを目的として,不静定構造を解くための各手法などをできるだけ具体的かつていねいに解説しています.
2)説明の中に適宜確認用の例題が用意されており,考えながら学べます.
3)本論で得た知識の確認や力試しのために,各章末にはたくさんの演習問題が用意されています.

Ⅰ巻の目次はコチラ
第1章 構造力学を学ぶにあたって
第2章 構造力学の基礎
第3章 片持ち梁
第4章 単純梁
第5章 特殊な静定構造
第6章 静定門形ラーメン構造
第7章 トラス構造
第8章 静定構造と不静定構造
第9章 部材断面の応力計算
第10章 静定構造物の変形
付録A 数値計算における有効桁数
付録B 微分・積分関係を用いた応力計算

第1章 仮想仕事の原理
第2章 応力法
第3章 たわみ角法
第4章 固定法
第5章 マトリクス解析
第6章 圧縮部材および座屈
第7章 骨組の弾塑性性状
付録A マトリクス計算の基礎理論

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>