書籍情報

セットベース設計 実践ガイド

電気通信大学特任教授・名誉教授工博石川晴雄(共著) 電気通信大学准教授博(工)萓野良樹(共著) 電気通信大学特任助教佐々木直子(共著) (株)フォトロン福永泰大(共著)

  • 160ページ

書籍のカテゴリー

  • 機械工学

    設計

ダウンロード

◆「軽量化したい」「強度を保ちたい」「コストを下げたい」……それ、全部できます。◆
「燃費向上のために軽量にしたいが、安全のために強度は保ちたい」
「はりの本数は減らしたいが、振動の不快感は抑えたい」
「回路基板は小さくしたいが、電磁波はできるだけ漏洩させたくない」
……設計担当者の方、悩んでいませんか?

これらの悩みを解消する新しい最適設計手法として、「セットベース設計」(preference set-based design)が注目され始めています。

本書では、株式会社フォトロン開発の「PSDソルバー」の無料体験版を使ってセットベース設計を実践。
材料力学・構造力学をはじめ、機構設計や制御系設計などの幅広い分野の例題を通じて、この設計手法の威力が体感できます。

◆セットベース設計とは?◆
設計変数(寸法などの変更可能なパラメータ)や性能(質量などの設計上の狙い)を「範囲」で表現し、多くの性能を満足するように、設計変数の範囲を絞り込む設計のこと。
考え方自体は1990年代に提唱されていたが、具体的なツールにまでは落とし込まれていなかった。

第1章 PSDとは何か
第2章 PSDの考え方と手順
第3章 PSDソルバーの使い方
第4章 材料力学・構造力学への適用
第5章 機構設計への適用
第6章 制御系設計への適用
第7章 切削加工への適用
第8章 電気電子系設計への適用

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>