書籍情報

演習 相対性理論・重力理論

Alan P. Lightman(原著) William H. Press(原著) Richard H. Price(原著) Saul A. Teukolsky(原著) 大阪工業大学教授博(理)真貝寿明(共訳) 大阪工業大学教授博(理)鳥居隆(共訳)

  • 576ページ

書籍のカテゴリー

  • 物理

    現代物理・相対論

ダウンロード

1975年に発行されて以来,相対性理論・重力理論の唯一無二の演習書として読み続けられてきた“Problem Book in Relativity and Gravitation”の待望の邦訳.

約500題もの問題から構成され,特殊相対性理論・一般相対性理論・重力理論・相対論的宇宙物理学・宇宙論をカバーしている.

重力波やブラックホールなど,技術の向上によって新たな観測や検証が続く相対性理論や重力理論.
現代でも古びることのないその理論の根幹や実践的な計算のノウハウを伝える,研究者必携の一冊.

邦訳版では,訳者による補遺として,最近の研究に関する概説も加えられている.

第1章 特殊相対論的運動学
第2章 特殊相対論的動力学
第3章 特殊相対論的座標変換,不変量,テンソル
第4章 電磁気学
第5章 物質と放射
第6章 計量
第7章 共変微分と測地線
第8章 微分幾何学:より深い概念
第9章 曲率
第10章 キリングベクトルと対称性
第11章 角運動量
第12章 重力一般
第13章 重力場の方程式と線形理論
第14章 曲がった時空での物理
第15章 シュヴァルツシルト時空
第16章 球対称時空と相対論的星の構造
第17章 ブラックホール
第18章 重力波
第19章 宇宙論
第20章 相対性理論の実験的検証
第21章 その他
付録 最近の一般相対性理論研究の進展
 A.1 ブラックホール研究の進展
 A.2 宇宙論研究の進展
 A.3 重力波研究の進展
 A.4 重力理論の検証の進展
 A.5 拡張重力理論の進展

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>