書籍情報

Javaで入門 はじめてのプログラミング

基礎からオブジェクト指向まで

東海大学教授博(情報理工)飯塚泰樹(共著) 東海大学技術職員大森康朝(共著) 東海大学准教授博(理)松本哲志(共著) 東海大学技術職員木村功(共著) 東海大学准教授博(理)大西建輔(共著)

  • 160ページ

書籍のカテゴリー

  • 情報工学・コンピュータ

    プログラミング言語

ダウンロード

Javaを用いた,プログラミングの入門に最適なテキスト.
これ1冊で,プログラミングの基礎をしっかり身につけられます.

●基本をおさえたコンパクトな構成
Javaに備わった多くの機能から,入出力や繰り返し,条件分岐など,まずおさえるべき基本事項が厳選されています.プログラミングをするうえで重要となるポイントを,効率よく学べます.
●豊富なプログラム例と練習問題
たくさんのプログラムに触れて手を動かすことで,プログラミングの力がつきます.参照や再帰などの初学者がつまずきやすいポイントも,ていねいに解説されています.
●オブジェクト指向入門
十分に基礎を身につけたあとは,Javaの特長の一つであるオブジェクト指向開発にもチャレンジできます.抽象的で難しいと思われがちな概念も,具体例とともにやさしく説明され,イメージしやすくなっています.

第1章 プログラミングの第1歩
第2章 printとprintln ―画面に文字を表示する
第3章 入力 ―データを読み込む
第4章 if文 ―条件で分ける
第5章 for文 ―決まった回数の繰り返し
第6章 定数と乱数 ―便利な書き方
第7章 while文 ―決まっていない回数の繰り返し
第8章 配列 ―たくさんのデータを扱う方法
第9章 多次元配列 ―さらにたくさんのデータを扱う方法
第10章 文字と文字列 ―文章を扱う
第11章 switch文 ―たくさんの条件がある場合の分岐
第12章 メソッド ―プログラムを部品化する
第13章 再帰呼び出し ―アルゴリズム入門
第14章 オブジェクト指向 ―インスタンスを作る
第15章 クラスの継承 ―より大きなプログラムを作るために
第16章 ファイル入出力 ―実用的プログラム入門

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>