書籍情報

エアロゾル学の基礎 POD版

日本エアロゾル学会(編) 京都大学名誉教授・松江工業高等専門学校名誉教授工学博士高橋 幹二(著)

  • ¥5,060
  • 236ページ
  • 978-4-627-67259-8
  • 2019.08

書籍のカテゴリー

  • 機械工学

    流体工学

ダウンロード

(初版2003年7月23日)霧や煙,粉塵,スモッグなど,われわれの環境にはさまざまなエアロゾルがある.そのエアロゾルが最近では,地球温暖化,クリーンルーム,エアロゾル医薬,ナノテクノロジーへの利用など,環境問題や高度産業技術を支える新しい科学技術分野の一つとして注目されている.関連する分野は広く,物理・化学・気象あるいはさまざまな工学分野にまたがるが,本書では,これを「エアロゾル学」と名付け,その基礎となる部分について述べる.

1章 序論
2章 エアロゾル粒子の動力学
3章 エアロゾルの拡散と沈着
4章 粒子の凝集と蒸気の凝縮
5章 荷電粒子
6章 エアロゾル粒子の粒度分布
7章 エアロゾル粒子による光散乱
8章 エアロゾルの生成
9章 エアロゾル粒子の測定

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>