書籍情報

落石対策工の設計法

落石運動の予測から性能評価まで

(株)相和コンサルタント勘田益男(共著) (株)国土開発センター西川幸成(共著) (株)シビル中村健太郎(共著)

  • ¥5,184
  • 224ページ
  • B5
  • 978-4-627-48571-6
  • 2019.02

書籍のカテゴリー

  • 土木工学

    地盤工学

ダウンロード

――不確かな要素が多い落石という災害に対して,いかにして安全を確保するか.

◆落石の予防工と防護工を,豊富な実験例と実施例によって詳しく解説.

◆設計の鍵となる落下速度と跳躍量の予測法や,動的応答解析による最新の性能評価法を紹介.

◆平成29年版の落石対策便覧に準拠し,巻末資料では,ロープ伏せによる予防工の追加など,平成12年版からの改訂点を解説.

長年落石対策に携わってきた著者によってまとめられた,実務者に必携の一冊.

第1章 序論
■第I部 落石運動の予測
第2章 落石運動エネルギーの推定
第3章 平坦斜面における落石跳躍量の予測
第4章 凹凸斜面における落石跳躍量の予測
■第II部 落石対策工の評価と設計法
第5章 落石予防工の評価と設計法
第6章 落石防護工の評価と設計法
第7章 落石防護工の性能評価における動的応答解析の活用と展望
第8章 落石対策における今後の課題
資料 落石対策便覧の改訂点

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>