書籍情報

折り紙数理の広がり

抄訳Origami6

東京大学名誉教授工博三浦公亮(編) 阿南工業高等専門学校教授数理学博士川崎敏和(編) 東京大学准教授博(工)舘知宏(編) 北陸先端科学技術大学院大学教授理博上原隆平(編) Robert J. Lang(編) Patsy Wang-Iverson(編) 上原隆平ほか(共訳)

  • ¥5,616
  • 288ページ
  • 978-4-627-01701-6
  • 2018.11

書籍のカテゴリー

  • 数学

    幾何学

ダウンロード

“Origami”の数理はここまで来た!

いまや,数学・科学・工学・教育など分野をまたぐ研究テーマとなった「折り紙=Origami」.それを象徴するのが,開催のたびに規模を拡大している国際会議OSME(Origami in Science, Mathematics and Education)である.本書では,その第6回のプロシーディングスより,数学研究に着目して19章を精選.より多彩に深化を続ける,折り紙数理のいまを紹介する.

第1章 辺の彩色による山谷割当ての数え上げ
第2章 結晶学的平坦折り紙の構成へのカラー対称性アプローチ
第3章 2つ以上の箱を折れる共通の展開図に関する最近の話題
第4章 展開図上での単純折りのunfold操作
第5章 周期的折り紙テセレーションの剛体折り
第6章 剛体折り紙のねじり折り
第7章 オフセットパネル法による剛体折り可能で厚さのある構造の実現
第8章 カートン折り紙の操作の配置変換と数学的記述
第9章 展開図の穴を埋める:固定された境界の折りからの等長写像
第10章 蜘蛛の巣条件を満たすタイリングによる敷石テセレーション
第11章 面を好きな大きさに縮小する方法
第12章 曲線折りと直線面素の特徴づけ:レンズテセレーションの設計と解析
第13章 ねじり折りテセレーションの新しい表記法
第14章 長方形から均一に厚いシートを織る方法
第15章 多角形パッキングに基づく折り紙設計のためのグラフ用紙
第16章 内接円をもつ四辺形から鶴の一般基本形を折る一方法
第17章 ペンタジア:非周期的な折り紙面
第18章 雪片曲線折り紙の基本設計とその難点
第19章 ユニットを使ったジオデシック球作品のための2つの計算

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>