書籍情報

細胞のメカニクス(第2版)

Simon Fraser University名誉教授Ph.D.David Boal(著) 中央大学教授博(工)鈴木 宏明(訳)

  • ¥13,200
  • 656ページ
  • 978-4-627-26132-7
  • 2020.05

書籍のカテゴリー

  • 生物

    生物工学

  • 機械工学

    機械工学一般

ダウンロード

メカノバイオロジーや再生医療に欠かせない、「細胞を対象とした力学」の解説書。

本書では、細胞の物理的・力学的性質に重点をおき、細胞の基本的な構成要素(ソフト材料)から全体(複合材料)へと解説を進めている。実験と理論の両面から平易に説明し、生物系や物理系、工学系いずれの読者にとっても、応用に役立つ結果がよくわかるよう配慮がなされている。特に、近年研究が進んできた「ゆらぎ」に対する応用は、ほぼすべてのトピックを通じて扱っている。

重要性が増している学際的な分野について、幅広い知識が見通しよくまとめられた、充実の書籍である。

第1章 イントロダクション
第2章 ソフト材料と流体
第I部 ロッドとロープ
第3章 ポリマー
第4章 複合フィラメント
第5章 2次元のネットワーク
第6章 3次元のネットワーク
第II部 膜
第7章 生体膜
第8章 膜の波打ち
第9章 膜間力と静電力
第III部 細胞の全体
第10章 もっともシンプルな細胞
第11章 動的なフィラメント
第12章 成長と分裂
第13章 信号とスイッチ

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>