書籍情報

束論と量子論理 POD版

(前)愛媛大教授理博前田 周一郎(著)

  • ¥3,888
  • 190ページ
  • A5
  • 978-4-627-05399-1
  • 2015.08

書籍のカテゴリー

  • 数学

    代数学/数学基礎論

ダウンロード

束論とその応用である量子論理の理論をつまびらかにした名著,待望の復刊.
第1部では,束論について,とくにオーソモジュラー束の理論とHilbert空間論や量子力学への関連を主眼に置いて解説する.位相空間論や測度論,有限線形作用素の理論など,数学の様々な知識が交わる様をみることができる.
第2部では,束論の応用として量子論理について述べる.まえがきに示されている第1部のいくつかの節を読むだけで,第2部を先に読むことができる.
各章末にある参考ノートでは,束論や量子力学が発展してきた歴史がまとめられており,研究者必読.

第1部 束論
第1章 束の一般的理論
第2章 原子的束
第3章 Boole束
第4章 オーソモジュラー束
第5章 束と半群

第2部 量子論理
第6章 量子論理と力学系
第7章 標準量子論理
付録

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>