書籍情報

流体-構造連成問題の数値解析

Yuri Bazilevs(原著) Kenji Takizawa(原著) Tayfun E. Tezduyar(原著) トヨタ自動車(株)修(工)津川祐美子(共訳) 早稲田大学准教授博(理)滝沢 研二(共訳)

  • ¥9,720
  • 400ページ
  • 978-4-627-67481-3
  • 2015.12

書籍のカテゴリー

  • 機械工学

    数値計算

ダウンロード

有限要素法による流体‐構造連成(FSI)問題の解析について,その基礎から応用までを体系的に解説.「定式化」「離散化」「流体と構造の連成」という三つの課題を中心に,豊富な実例を交えて説明する.

第1章 流体と構造の支配方程式
第2章 静止領域問題の有限要素法の基礎
第3章 アイソジオメトリック解析の基礎
第4章 移動境界/界面のためのALE法とspace-time法
第5章 ALE法とspace-time法によるFSI
第6章 高度なFSI法とspace-time法
第7章 FSIモデリングの一般的な適用と例
第8章 心臓血管系のFSI
第9章 パラシュートのFSI
第10章 風車の空気力学とFSI

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>