書籍情報

学生・技術者のための電磁波の散乱 増補版[POD版]

元広島工業大教授中司 浩生(著)

  • ¥3,520
  • 176ページ
  • 978-4-627-78509-0
  • 2012.12

書籍のカテゴリー

  • 電気・電子工学

    電波工学

ダウンロード

無線通信やレーダなどの解析においては,電磁波がいかに伝搬するか,とくに,導体や誘電体などとの相互作用により生じる散乱現象を正しく理解する必要があります.
一般に,このような電磁界現象はマクスウェルの方程式を用いて記述されますが,この方程式を解くことは決して容易ではなく,シミュレーションが用いられることも多くあります.これに対し,本書は代表的な散乱体に注目し,マクスウェルの方程式を厳密に解くことで,基本となる電磁気学から電磁波の本質を理解することを目的としていています.
計算過程を丁寧,平易に記述しているとともに,例題や章末問題とその詳しい解答も備えているので,電磁波の基本的性質を学ぼうとする学生・大学院生のためのテキストとして,また,電磁波の利用法の拡大を目指す技術者・研究者の参考書としても最適!

第1章 電磁界の基本式
第2章 散乱断面積の定義式と境界条件
第3章 無限長導体円柱の散乱断面積
第4章 無限長誘電体円柱の散乱断面積
第5章 導体球の散乱断面積
第6章 誘電体球の散乱断面積
第7章 任意偏波入射波に対する散乱断面積
第8章 有限長導体円柱の円偏波散乱断面積と円柱径推定への応用

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>