お知らせ

2月新刊のご案内

2017年01月30日

実用化を迎えた量子情報技術

量子暗号の実装技術のトップランナーの一人でもある著者が、大学で電子・
情報系の学生に量子力学を教えてきた経験を生かし、量子情報の理論と
技術の基礎を紐解きます。これから量子情報技術の研究・開発にかかわる人に、
格好の入門書です。

北海道大学 富田章久(著)

量子情報工学

 

倒立振子を通して制御を学べる

倒立振子を制御対象として、古典制御・現代制御・アドバンスト制御を解説した、
これまでにない切り口の書籍です。実践的に学びたい学生の方だけでなく、
現代制御を中心とした制御工学を学び直したい技術者の方にもおすすめの一冊です。
舞鶴高専 川田昌克(編著) 京都大学 東俊一(著) 明治大学 市原裕之(著)
神戸大学 浦久保孝光(著) 京都大学 大塚敏之(著) 東京理科大学 甲斐健也(著)
熊本大学 國松禎明(著) 電気通信大学 澤田賢治(著) 北九州市立大学 永原正章(著)
大阪大学 南裕樹(著)

倒立振子で学ぶ制御工学

 

世界的名著、待望の翻訳版

植物全体の環境応答について、最近の分子生物学に関連づけて学ぶ入門的専門書。
植物生理学と生物環境物理学をもとに、植物学的な研究成果と数学・物理学を
組み合わせて、植物をモデル化し、熱、放射、気体、水、エネルギーなどの
周辺環境の基本要素とその影響を定量的に説明しています。

ダンディー大学名誉教授 Hamlyn G. Jones(著)
九州大学 久米篤(監訳)   東京大学名誉教授 大政謙次(監訳)

植物と微気象(第3版)―植物生理生態学への定量的なアプローチ―

 

新刊案内バックナンバー
01月新刊のご案内 |12月新刊のご案内 |11月新刊のご案内 |10月新刊のご案内 |09月新刊のご案内 |
08月新刊のご案内 |07月新刊のご案内 |06月新刊のご案内 |05月新刊のご案内 |04月新刊のご案内 |