お知らせ

2015年04月30日
5月新刊のご案内

通信レートの理論上限を実現

大学生,初学者向けの「ネットワーク符号化」(Network Coding)の入門書です.グラフ理論の初歩さえ理解していれば,この本で学ぶことで,ネットワークの効率化を実現する新しい理論を,その基礎から応用まで身につけることが出来ます.

関東学院大学教授 銭 飛(著)

ネットワーク符号化の基礎-初歩から学ぶネットワークコーディング-

 

図解で直感的に理解する量子ウォーク

時間発展の例を,標準型,時刻依存型,場所依存型などのタイプごとに多数掲載.各例の結果を図表で示すので,量子ウォークの複雑な挙動が一目でわかります.また,数学的な結果から得られるさまざまな性質も,図解でやさしく解説しています.

日本学術振興会 町田 拓也(著)

図で解る量子ウォーク入門

 

世界初の入門的解説書

加振による液体の揺動現象(スロッシング現象)について解説した,世界初の専門的教科書.自由表面をもつ液体の振動理論から,数値計算法やタンクとの連成解析まで,各種基礎理論の導出とその実応用を,例題を交えながら体系的に説明しています.

(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授 小松 敬治(著)

スロッシング-液面揺動とタンクの振動-

 

それは,軽量化成形加工技術の切り札

チューブハイドロフォーミングの基礎知識とポイントを整理し,現在までの材料開発状況も含め,技術開発の経緯ならびに最新の研究開発成果・資料データから,全貌を総括的に理解できるように解説した専門書です.

日本塑性加工学会(編)

チューブハイドロフォーミング-軽量化のための成形加工技術-

 

光領域の数値解析法を最新の知見まで詳しく紹介

従来の有限要素法やFDTD法のほか,ビーム伝搬法,平面波展開法,転送行列法などの最新の知見を含めて詳しく紹介.各手法の概要や応用範囲がよくわかり,目的に応じた使い分けができます.数値計算に必要な,三重対角行列,トーマス法,パデ近似についても解説しています.

立命館大学名誉教授 左貝 潤一(著)

光導波路の電磁界数値解析法

 

さまざまな信号処理に生きる数理的基礎を身につける

不規則信号(random signal)の統計的解析を中心に,信号処理の数理を丁寧に解説.信号の変換・圧縮・符号化・ノイズ除去・パターン認識など,幅広い応用に生きる数理的基礎が身につきます.

東京電機大教授 和田 成夫(著)

不規則信号処理

 

新刊案内バックナンバー
4月新刊のご案内 |3月新刊のご案内 |2月新刊のご案内 |1月新刊のご案内 |12月新刊のご案内 |11月新刊のご案内 |
10月新刊のご案内 |9月新刊のご案内 |8月新刊のご案内 |7月新刊のご案内 |6月新刊のご案内 |

続きを読む...