書籍情報

基本を学ぶ構造力学

静定から不静定の初歩まで

熊本保健科学大学学長,熊本大学名誉教授工博﨑元 達郎(著)

  • ¥2,808
  • 224ページ
  • 978-4-627-46651-7
  • 2012.11

書籍のカテゴリー

  • 土木工学

    構造力学

ダウンロード

構造力学のなかで基本となる静定構造に加え、不静定構造の解き方の初歩が1冊にまとまった現代的な見た目のわかりやすい教科書です。構造力学の基本を押さえるための1冊。

※不静定構造までしっかりと学びたい場合は、本書のオリジナル版である『構造力学[第2版]上』,『構造力学[第2版]下』の組み合わせがおすすめです。学習したい内容に合わせてお選びください。

第1章 構造力学って何ですか?
第2章 静力学から構造力学へ
第3章 構造物をつくるために必要なこと
第4章 構造物の内部にはたらく力を求め図化する
第5章 鉄橋にはたらく力を求める
第6章 構造材料の力学的性質を知ろう
第7章 はりの内部にはたらく力の状態を知ろう
第8章 はりがたわみすぎると恐い
第9章 影響線って何ですか?
第10章 圧縮部材にご用心!
第11章 不静定構造も怖くない

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>