書籍情報

  • 464ページ

書籍のカテゴリー

  • 土木工学

    振動学

  • 土木工学

    地盤工学

ダウンロード

道路や鉄道,建設工事および工場機械などを発生源とする振動が,地盤を伝わって周囲に及ぼす影響が,環境問題として近年大きく取り上げられてきている.本書は,そのような地盤環境振動への対策技術を,豊富な事例を基に網羅的かつ体系的にまとめたものである.経験豊かな研究者・実務者からなる執筆陣により,最新の知見まで含んだ参考資料として,価値ある一冊となっている.

第1章 序論
第2章 地盤環境振動の基本的事項と対策工法の基本原理
第3章 地盤環境振動の測定方法
第4章 人体および建築物における地盤環境振動の影響
第5章 地盤環境振動対策の分類と事例
第6章 地盤環境振動問題と地盤・地形条件
第7章 地盤環境振動対策工法の費用対効果
第8章 道路交通振動の特徴と対策
第9章 鉄道振動の特徴と対策
第10章 建設工事振動の特徴と対策
第11章 工場機械振動の特徴と対策
第12章 地盤環境振動の予測手法
第13章 地盤環境振動の対策技術に関する今後の課題
資料A 環境基本法
資料B 環境影響評価法
資料C 振動規制法
資料D 計量法
資料E 日本工業規格(JIS)
資料F 国際動向・各国の規格 

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>