書籍情報

過渡現象の基礎(第2版)

元 金沢工業大学教授工博吉岡芳夫(共著) 金沢工業大学教授工博作道訓之(共著) 金沢工業大学准教授博(工)大澤直樹(共著)

  • ¥2,808
  • 192ページ
  • 978-4-627-73552-1
  • 2017.01

書籍のカテゴリー

  • 電気・電子工学

    電気回路

ダウンロード

電気回路における「過渡現象」を,基礎からしっかり学べるやさしいテキスト.

過渡現象の解析法を,微分方程式のタイプ別に解く方法とラプラス変換で解く方法に分けて,体系的に解説.RC回路やLCR回路などの基本的な回路のみならず,より複雑な回路にも使える解析法が身につきます.
豊富な例題と演習問題を掲載した,独習にも適した一冊.

第2版では,紙面が見やすく,解説がよりわかりやすくなりました.

序章 過渡現象とその学び方
1章 本書の概要と過渡現象を学ぶための基礎
2章 直流電源に接続した電気回路の過渡現象
3章 交流電源に接続した電気回路の過渡現象
4章 複エネルギー回路の過渡現象
5章 複合回路の過渡現象
6章 ラプラス変換とそれを用いた過渡現象解析法
7章 ラプラス変換法による電気回路の過渡現象解析
演習問題解答

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>