書籍情報

電子・物性系のための量子力学

デバイスの本質を理解する

静岡大学教授博(工)小野行徳(著)

  • ¥4,536
  • 312ページ
  • 978-4-627-77521-3
  • 2015.09

書籍のカテゴリー

  • 電気・電子工学

    電子・半導体工学

  • 物理

    現代物理・相対論

ダウンロード

―原理を深く理解するために―

量子力学の基礎からデバイスの原理までを解説した入門的テキスト.

電子物性,統計力学,量子エレクトロニクスについても章を割いて解説することで,ミクロスケールの量子力学的な現象とマクロスケールのデバイス原理・性能が,一本のストーリーになってつながります.

また,式の意味を懇切丁寧に解説することで,「何を考えなければいけないのか」「何がわかればわかったことになるのか」ということが伝わるよう配慮されています.演習問題にはすべてに解説をつけることで,独習者の便宜もはかりました.

デバイス応用の立場から量子力学を理解したい人に最適な一冊.

第1章 粒子と波動―量子力学への序章
第2章 波動関数とシュレディンガー方程式―電子の量子論
第3章 角運動量と水素原子―物質形成の源泉
第4章 原子からデバイスまで―源流からたどる大海原への流れ
第5章 温度とエネルギー分布―デバイス特性を支配するものの源流
第6章 電子デバイスの極限―究極のデバイスを目指して

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>