書籍情報

海洋エネルギー利用技術(第2版)

発電のしくみとその事例

室蘭工業大学名誉教授工博近藤 俶郎(編著) 九州大学教授工博経塚雄策(共著) 佐賀大学教授工博永田修一(共著) 佐賀大学教授工博池上康之(共著) 東京大学先端科学技術研究センター特任研究員工博宮崎武晃(共著) 東海大学教授工博谷野賢二(共著)

  • ¥3,024
  • 176ページ
  • 978-4-627-91462-9
  • 2015.06

書籍のカテゴリー

  • 機械工学

    エネルギー

  • 土木工学

    河川・海岸・水文

ダウンロード

○「海洋エネルギー」の知見を網羅した,唯一の入門的技術書○

再生可能エネルギーのうち,日本にとって特に重要な海洋エネルギー.その第一線の研究者である著者陣が,多くの図表を用いて平易に解説した入門書です.潮汐,波浪をはじめとする各種エネルギーについて,基礎理論や利用可能量,発電方式や電力利用の技術を体系的にまとめています.今回の改訂で,海洋深層水利用,スマートグリッド/マイクログリッドといった注目の技術を盛り込みました.また,アジアを中心に建設が進む大型潮汐発電所,先駆的な欧州の実証フィールド,沖縄県の海洋温度差発電実証プロジェクトなど,国内外の最新の動向も紹介します.

海洋エネルギー関連の仕事に携わる技術者はもちろん,その開発動向に興味をもつ人や,初めて学ぶ学生にもおすすめです.

第1章 概説
第2章 潮汐
第3章 海流・潮流
第4章 波力
第5章 海洋温度差エネルギー
第6章 その他の海洋エネルギー
第7章 取得エネルギー利用システム
第8章 むすび-現状と展望-

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>