書籍情報

コンクリート構造工学(第4版)

(元)和歌山高専教授工博戸川 一夫(共著) 舞鶴高専名誉教授工博岡本 寛昭(共著) (元)広島工業大学准教授伊藤 秀敏(共著) 関西大学名誉教授工博豊福 俊英(共著)

  • ¥3,024
  • 224ページ
  • 978-4-627-40654-4
  • 2014.11

書籍のカテゴリー

  • 土木工学

    RC・PC

ダウンロード

1999年から続く定番教科書の第4版です.今回の改訂では,2012年のコンクリート標準示方書の改訂に合わせて全面的に内容を見直しました.コンクリート系構造の設計理論の基礎を,著者が長年培ってきたわかりやすい説明で記述しました.

第1章 コンクリート構造と設計法
第2章 材料
第3章 作用と構造解析
第4章 曲げモーメントを受ける部材の設計
第5章 せん断力を受ける部材の設計
第6章 曲げモーメントと軸方向力を受ける部材の設計
第7章 耐久設計
第8章 疲労
第9章 耐震設計
第10章 一般構造細目
第11章 各種部材の設計
第12章 プレストレストコンクリート

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>