書籍情報

大空への挑戦 POD版

航空学の父カルマン自伝

Theodore von Karman(原著) 防衛大名誉教授工博野村 安正(訳)

  • ¥3,888
  • 364ページ
  • A5
  • 978-4-627-94519-7
  • 2010.01

書籍のカテゴリー

  • 機械工学

    流体工学

ダウンロード

(初版1995年3月刊行)フォン・カルマンは,今世紀最高の流体力学の権威者である.ハンガリーに生れ,後にアメリカに移住した後は,カリフォルニア工科大学の教授として長く活躍した.本書は,数多くの学者との交流のエピソードなどをまじえながら,カルマンの歩んできた歴史を真摯に書き綴った科学技術者の貴重な自伝の書である.

序章 天才との共同作業
第1章 神童
第2章 ミンタ
第3章 ロイヤル・ヨセフ
第4章 ジョージア・オーガスタの高僧
第5章 パリの間奏曲
第6章 員外講師
第7章 航空学の始まり
第8章 物理学の新概念
第9章 青年時代のアーヘン
第10章 第一次世界大戦
第11章 ハンガリー革命
第12章 グライダー
第13章 アーヘンでの教育
第14章 ユンケルスとツェッペリン
第15章 アメリカへの最初の訪問
第16章 日本
第17章 乱流
第18章 ドイツにおける最後の日々

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>