書籍情報

電子情報通信工学シリーズ

情報通信理論[1]

符号理論・待ち行列理論

長岡技科大教授工博荻原 春生(共著) 長岡技科大助教授理博中川 健治(共著) 元情報セキュリティー大学院大学長・東京工大名誉教授・中央大教授博(工)辻井 重男(編集委員代表) 東京大学教授工博浅田邦博(編集委員) 東京工業大学名誉教授放送大学特任教授博士(工学)酒井 善則(編集委員) 慶応大学名誉教授工博中川正雄(編集委員) 早稲田大学名誉教授Ph.D.村岡洋一(編集委員)

  • ¥2,376
  • 192ページ
  • A5
  • 978-4-627-70140-3
  • 1997.05

書籍のカテゴリー

  • 情報工学・コンピュータ

    通信・ネットワーク

  • 電気・電子工学

    情報通信・ネットワーク

ダウンロード

本書は誤り制御技術や情報ネットワークにおける情報通信理論を簡潔に解説したテキスト.

1部 誤り検出・訂正の理論
線形符号とその性質
DFT符号と有限体
巡回符号
多数決論理復号可能な符号
畳み込み符号
誤り訂正の効果
変調を考慮した符号化-符号化変調
2部 到着とサービス
待ち行列

理工学系専門書,理工学系入門書の検索

詳細検索 >>